経済の急速な発展に伴い変化の足取りも加速していきました。それは今日の便利さと進歩をもたらし、また更に激烈な生存競争をもたらしたのです。この衝撃の下、生産数と商品の外観での競争のために、競争、農薬・抗生物質・成長ホルモンなどの使用があり、食物と環境が汚染され、それが人の健康に危害を加え環境を汚染していったのです。食物連鎖のサイクルの中、人類は深手を負うポジションにいます。そのため安全食品や健康食といった汚染ゼロの生産が人類共通の要求となったのです。

石安牧場は30年以上伝統的な養鶏場を経営してきました。消費者の食品安全・品質格差に対する要求に応え1994年全施設を再建、安全食品・健康食の理念を取り入れました。1996年にEU規格のオートメーション飼育・環境制御設備を導入し、石安牧場飼育技術と設備を国際レベルにシンクロさせて汚染ゼロの飼育管理を行っています。

黄金に卵の期限を産して優良品質の安全な卵製品を生産するように選択して使用します。採卵鶏には抗生物質・動物性たんぱく質を与えず、純天然植物と純天然抽出物で飼育しています。飼料はISOの認証を受けています。

2ヶ月毎に採血でサンプリングし抗体検査を実施。採卵鶏の健康を守ることで貴重な栄養分を卵内に移行させます。鶏卵製品はISO22000・HACCP・流通履歴の認証を受けていますので、品質の安全性には自信を持っています。