テクノロジー管理で産業のレベルアップ
「動福卵」は飼育と選卵の過程を先進検査テクノロジー設備に頼っています。各認証規格に沿った作業と厳格な品質管理。ドイツ製全密閉環境制御畜産設備と極東初のオランダ製MOBA330ソナー検査・血卵検査・二級卵検査、卵への吹き付け印刷・全自動等級分け包装など選卵設備(1時間当たり処理能力12万個)を導入。安全品質理念を固持し全施設でコンピューター全自動環境制御飼育管理畜産を行っています。産業のレベルアップにより近代化牧場に成長させ、完璧なる品質を実現しています。

独占的12のプログラムのプロセスに卵を洗いそして卵を等級分で、健康で良質な卵選び出します。その中のソナー検査と血卵検査は台湾初の設備です。

「ソナー検査」では備えられた144組のソナー棒で卵1つにつき12回のソナー探知を行います。読み取られたデータはコンピューターにより品質の優劣を解析します。

「血卵検査」はスペクトル分析により正確に血斑のある卵を全て検出して排除します。科学的な血卵検査とソナー検査が、肉眼ではわからない品質の欠陥を見抜き、品質を最高に高めます。精密で厳格な選別検査のもとに選び抜かれた卵が「動福卵」です。内から外まで厳しく品質管理された「動福卵」は私たちの健康を守ります。